トラブル対策


労働法、労災他、交通事故、弁護士

職場トラブル

厚労省
厚労省

終身雇用がごく一部の人達の特権になり、中小零細企業は時間いくらの低賃金労働力に頼りきっている時代。満足な月収にもならず突然の解雇通達。労使間トラブルの最前線。

厚生労働省  総合労働相談コーナーのご案内  /  職場のトラブル解決をサポートします
厚生労働省 労働基準監督署  全国一覧
東京都産業労働局 働くネット   労働相談Q&A
福井県 雇用・労働   職場のトラブルQ&A
独立行政法人 労働者健康福祉機構  労働者健康福祉機構



労働災害

労災
労災情報センター

労災を積極的に認めない企業もあり、何が労災で何が労災と認められないのか。労働者の権利を守るためには。労災手続きなどの情報も。

財団法人 労災保険情報センター  労災総合情報

交通事故についての総合情報

寺院五重塔
五重塔

国土交通省のサイトは、「自賠責とは?相手が自賠責に加入していない場合は?事故により後遺症が残ったら?ひき逃げの場合は?」などの総合情報サイト。NASVAは被害者救済情報があります。

国土交通省  自賠責保険ポータルサイト
独立行政法人 自動車事故対策機構 NASVA   被害者支援

専門家による和解の斡旋が受けられる情報サイト

財団法人 交通事故紛争処理センター  交通事故の相談・和解のあっ旋審査

最近、飲酒運転検挙者の報道が多く見受けられます。
あまり報道には出ませんが車検を通していないクルマの事故、自賠責、任意保険未加入者が多くなってきており泣き寝入りする被害者が増えております。
不況のせいだけとも言えない嫌な話です。
任意保険に加入して安心しているだけではなく保険の勉強もしておく必要があります。



北海道を安全に走るために

北海道の交通情勢
交通情勢の推移    交通事故の概要

免許更新時毎に渡されるこの小冊子(道警監修、道交通安全推進センター発行)はなかなか目を通す機会も無いと思います。 正確な情報ですのでこれを機に正しく状況を共有して下さい。

弁護士

弁護士
日弁連

いざとなれば法廷となりますが、裁判外紛争解決手続というものがあります。法廷闘争無き調停ができるのです。金銭負担も少ないので先ずはADRで相談されてはいかがでしょうか。

日本弁護士連合会  全国相談窓口

独立行政法人 国民生活センター ADR 裁判外紛争解決手続

日本司法支援センター  法テラス


クルマの所有者が故人であり、遺族が相続放棄をしている場合はそのクルマを処分することはできません。
故人が賃貸物件に入居していて駐車場も借りている場合は厄介なことになります。

保証人(たいていは身内)がいる場合はその保証人に駐車料金の請求が発生します。
債権者が管財人選任の申し立てをしない場合は、ご遺族(保証人)が財産管理人の選任の申し立てを行いその車両を処分することです。

ただし、裁判所費用、弁護士費用他が発生します。
今後、増える事案だと思います。



次へ